訪問マッサージとは

健康保険適応の訪問医療リハビリマッサージ 脳梗塞後遺症リハビリ・難病特定疾患専門 株式会社在宅訪問マッサージ 京都店

1Billbord82560kyoto.gif

この度は、あいの手マッサージのホームページに
         お越しいただきましてありがとうございます。

私達あいの手マッサージは、マッサージを通して、スタッフと患者様の
コミュニケーションを大切にし、住み慣れた自宅や地域で、
高齢者の方々がより良い生活を継続できるために、可能な限りお手伝いをしたいと考えています。

『筋肉が弱っていたり、関節が固まっていたりして自力での歩行が難しく病院や治療院へ通院するのが大変な方が対象となります。寝たきりの方も同様です。』
『目安として要介護1~5の方で上記に当てはまる方は一度、ご相談ください!(介護保険は一切使いません)』

◆対象疾患について(マッサージ)

マッサージの適応症というのは、一律に診断名によることなく、筋麻痺・関節拘縮といった症状です。
麻痺の緩解措置として、手技あるいは、関節拘縮や筋萎縮が起こっているところに、その制限されている関節可動域の拡大と筋力増強を促し、症状の改善・維持を目的としたマッサージを行います。


 今、このホームページをご覧になっていらっしゃるのは、普通の肩こり等とは違うもっと大きなご病気や難病、後遺症を抱えていらっしゃる方、またはそのご家族・ご身内の方ではないでしょうか。
実はこのお仕事をさせていただくきっかけになったのは、私もそんな方を目の当たりにしてきたからなのです。
 自宅でのリハビリが必要な方に、訪問マッサージやリハビリはまだまだ浸透していません。
世の中に浸透し利用されるようになるまで時間が掛かるかもしれませんが、患者様に知ってる限りの情報をお伝えしていくのも、私達の使命であると考えています。