費用はどれくらい?

健康保険適応の訪問医療リハビリマッサージ 脳梗塞後遺症リハビリ・難病特定疾患専門 株式会社在宅訪問マッサージ 京都店

1Billbord82560kyoto.gif

『介護保険は一切使いません。全て健康保険が適用となります!
介護保険で限度額が一杯の方でも安心ください!』

健康保険の取扱い

医師の同意書により健康保険で鍼灸・マッサージの治療が受けられます。
     そのため安価で安心、安全な治療が受けられます。

【鍼灸マッサージの保険取扱い】 療養の支給(現金給付)償還払い

 鍼灸マッサージの治療でかかった費用は、保険者(市区町村行政機関や保険組合等)からその費用が支払われるという制度で、一般の病院で受ける保険治療とは少し違いますが、健康保険法に基づいた治療ということでは同じです。療養費制度は患者様が治療費を鍼灸マッサージ治療院に一旦、全額払った上で、患者様自身が保険者(市区町村行政機関や保険組合等)に医療費を請求し、現金で医療費が支払われるような仕組みになっております。

患者様はこのような面倒な手続きは一切必要ありません!
 支払いに関しては当院に全てお任せください。

保険適応で安価だから治療が継続でき、
続けることで治療効果も上がりやすい!

治療費

(1)マッサージを行った場合・・・1局所     255円
(2)温罨法を併施した場合・・・・1回       70円加算
(3)変形徒手矯正術を行った場合・・・1肢   530円
(4)鍼灸を行った場合・・・1回につき      1525円
(5)往療料 1860円(2km以内)

        ~2kmまで:1860円
        ~4kmまで:2660円
        ~6kmまで:3460円
        ~8kmまで:4260円
※ 往療距離が片道2キロメートルを超え8キロメートルまでの場合については、
  2キロメートル又はその端数を増すごとに、所定料金に800円を加算し、
  片道8キロメートルを超えた場合については、一律2400円を加算する。
※ 片道16キロメートルを超える場合の往療料は往療を必要とする
  絶対的な理由がある場合以外は認められないこと。

例)78歳女性で脳梗塞後遺症により、右片麻痺があり自力歩行が困難な患者様の場合

       右肘関節と左膝関節が固まってしまっている。
       往療距離は3.4kmです。
       施術は全身のマッサージと右肘と右膝の関節(特に拘縮した関節)への
       運動療法とマッサージ治療を行った場合

  1回の施術料金:
  255円×3部位(体幹、右手、右足)+530円×2部位(左手、左足)=1825円                          
  1回の往療料金:
  1860円+800円=2660円                     
               1825円 + 2660円 = 4485円
  健康保険の自己負担率が1割負担の方は、1回につき450円

 患者様の体の状態と往療費によって料金はかわりますが、

1回の治療費は おおむね210~700円程度になります。
身体障害者手帳1~2級をお持ちの方は、助成制度が受けれます
生活保護受給者は従来通り負担金はありません。

無料体験マッサージを申し込むLinkIcon

保険請求の代行

現状の制度ですと、鍼灸マッサージの療養費は患者様が治療院に治療費を10割支払った後に、
患者様が市役所や区役所などの窓口に行って9割なり7割を戻してくださいと請求する仕組みで、面倒な手続きが必要です。

このような制度があるため、健康保険での鍼灸治療がなかなか普及しにくいのです。
何も知らない患者様が自分で請求するなどということは、実際は大変な労力を要します。

そこであいの手マッサージでは民法643条に基づきこの保険請求業務を代行しております。

● 医師の指示及び病状に適した回数の治療が受けられます。
● 治療費は施術料金と往診料込みの金額となります。(別途費用はかかりません。)
● 身体障害手帳をお持ちの方は、助成制度が受けられます。

    ※市区町村によって、助成を受けられる障害者等級数に多少の違いがあります。

●生活保護受給者は、従来通り負担金はありません。